地震に強い家づくり

黒須建設では住む人が安心で快適に暮らせるように、 耐震+制震で地震に強い

家づくりをしています

「耐震等級3」相当が標準

スーパーストロング構造体バリュー

スーパーストロング構造体バリュー 消防署や警察など防災の拠点となる建物がこの基準に相当します。耐震等級3 建築基準法の1.5倍の耐震性
スーパーストロング構造体バリューの家は、 全棟で「耐震等級3※1相当を実現しています。

※1 「耐震等級3」相当とは、LIXILが建物の構造の安全性に項目を絞りその性能を評価しているため、住宅性能表示とは区別して表示したものです。

耐震 補償付き

万が一、スーパーストロング構造体バリューで建築した家が地震の揺れにより全壊した場合、最高2,000万円まで建替え費用の一部を負担します。
耐震補償の期間は、瑕疵担保責任保険の期間と同じく10年です。

※ スーパーストロング構造体バリューで建築した家が、直接加わった地震の揺れを原因とする損壊によって補償建物について生じた損害が全壊の場合、一定の条件のもとに、建替え費用の一部を負担します。(現金での補償はいたしません)補償建物の条件、補償の内容、最高限度額、免責事項等については、耐震補償付き「スーパーストロング構造体バリュー」約款をご確認ください。

「耐震等級3」相当の強さの理由

理由その1 壁が強い
  • 建築基準法
    2階の形状や大きさが違っても1階の壁量は同じ

    建築基準法では、2階の形状や大きさにかかわらず1階の壁の量は一定※です。
    ※1階の広さにより必要な壁の量を算出します(見付面積で算出する場合もあります)。

  • スーパーストロング構造体バリュー
    2階の形状や大きさに応じて1外の壁量を算出し補強

    スーパーストロング構造体バリューの家は、形状や大きさに応じて必要な床の量を算出し、不足している場合は補強を行うため、地震に強い家といえます。

理由その2 床が強い
  • 建築基準法
    吹き抜けなどで部分的に床がないと弱くなる

    建築基準法では、床の形状や大きさにかかわらず補強方法は一定※です。
    ※隅角に火打ち材(補強材)を使用します。

  • スーパーストロング構造体バリュー
    変形しにくい

    スーパーストロング構造体バリューの家は、形状や大きさに応じて必要な床の量を算出し、不足している場合は補強を行うため、地震に強い家といえます。

理由その3 基礎が強い
  • 建築基準法
    建物の隅角部や開口部などの柱間隔が大きい部分が弱くなる

    建築基準法では、地盤の強さに応じて基礎形式を選択するだけで、基礎配筋等の仕様は一定です。

  • スーパーストロング構造体バリュー
    弱い部分を補強

    スーパーストロング構造体バリューの基礎は、建物の形状や大きさに応じて基礎を配置し、強度不足の場合は配筋の補強を行うため、地震に強い家といえます。

耐震+制震で無損傷を目指す
地震の揺れを吸収

建物の剛性、バランスを高める耐震等級3相当設計に、地震の揺れを吸収する制震工法をプラスしました。大地震発生時、揺れを軽減し、住まいの損傷、家具の転倒を最小限に抑えます。また仮に住まいが大地震を数度受けたとしても、耐震性能の低下を大幅に抑えることができます。

揺れ幅を80%も低減

黒須建設では次世代型の制震ダンパー「ミューダム」を全棟で使用しています(ヴィラードエコは制震テープを採用)。このミューダムは振動台実験で揺れ幅を80%も低減させるという結果を出しています。また、60年以上の耐久性を持ち、夏冬の温度変化にも影響されることなく、どんな環境でも安定した性能を発揮します。

更に

高気密、高断熱、
高耐震を実現するなら
スーパーウォール工法

スーパーウォール工法
スーパーウォール工法は住む人の健康や安全を実現する“夢の工法”です

スーパーウォール工法の4つの特徴

  • 特徴その1
    制震テープで家まるごとダンパーに
    「制震テープ」とは地震エネルギーの吸収性が高い粘弾性体を両面テープ状に加工した新しい制震装置です。家中の柱や梁にバランスよく貼り付け家をまるごとダンパーにします。
  • 特徴その2
    快適な空間をつくる
    スーパーウォール工法は、建物全体を高性能な断熱材で包み込み、気密性の高い空間を造ります。これにより、上下の温度差が少ない快適な空間が実現します。また、外気の影響を受けにくいため、一年中快適な室温を保つことができます。
  • 特徴その3
    地震や台風にも強く安心
    スーパーウォール工法は、外からの力に強いモノコック構造を採用しています。地震や台風などの外力が接合部に集中しにくく、建物全体に分散するため、ひずみやくるいに強さを発揮します。
  • 特徴その4
    省エネで光熱費を節約
    スーパーウォール工法で建てた家は、一般住宅と比較して保温性が高く、温度低下も緩やかです。少しのエネルギーで部屋全体が快適な温度になるので、省エネになるだけでなく、光熱費も節約できます。
地震に強い家について
詳しく知りたい方はこちら
黒須建設の家づくりがよくわかる小冊子プレゼント!! 間取りをいろいろ見てみたい方へ 黒須建設自慢の間取り集129プラン 快適な家を建てたい方へ 黒須建設の家づくりの秘密がよくわかる小冊子 こだわりの家をお考えの方へ 施工事例や断熱・耐震についてよくわかる
お問い合わせ・資料請求はこちら
お電話からもお気軽にお問い合わせください!0480-25-1122 電話受付:9:00〜18:00/水曜日休